アートメイクの危険性

メイク崩れは女性の共通の悩みであり、それを根本から覆すアートメイクはとても魅力的なもののように思えます。ですが前述したとおり施術には免許が必要となり、無免許で施術を行う危険な店舗も数多くあるという現状です。

アートメイクにまつわる失敗やトラブルも、施術した部位が化膿してしまった、腫れや痛みがずっと治まらない、左右で仕上がりが違う、といった物があるようです。前述の二つは特に無免許で行っている店舗に多く見られるトラブルのようで、医師資格がないため医療機器の安全な管理が出来ておらず、細菌の侵入を許してしまう事が原因といえるでしょう

また、そのような雑な施術をするところでアイラインの施術を受けると最悪角膜を傷つけられてしまい視力が極端に低下してしまうと言った事も考えられます。仮に知人が医師の資格のない店舗で施術を受けても平気だった、と言っていたとしても同じ店舗で施術を受ける事は避けるべきです。知人が平気であったとしても次に施術を受けるあなたまで平気であるという保証は何一つとしてないのですから。

このようにアートメイクには大きなメリットもありますが、同時に危険もあります。それらのメリットとデメリットを差し引いてどうするかを決めるのは本人の意思となります。しっかりとデメリットを理解した上で、しかるべき資格を所持した医師の元で施術を受けていただく事をおすすめします