アートメイクとは

アートメイクとは眉や目元の肌に直接色素を注入する施術となります。肌に元々メイクを注入している状態なので、いくら乾燥によって皮脂の分泌が刺激されようと、冬の室内暖房や夏の暑い日差しで汗をかこうとも関係ありません。

ただし、色素を注入するのが肌の表皮と言われる部分となりますので永久的に残るわけではなく数ヶ月ほどで色は薄れていきます。永続的にアートメイクを施したい場合は定期的なメンテナンスが必要になるという事でもあり、同時に一度施術を施しても数か月も経てば新たなメイクを試す事もできるという事になります。

主に行われるのは眉、アイライン、リップラインとなり、それらの場所のメイク崩れが気になっている方はアートメイクを施すことでメイク崩れとは無縁の生活を送れる事でしょう。ここまで読んでアートメイクってタトゥーって事なのか、と心配に思われる方がいるかもしれませんが、タトゥーと違い数か月もすれば落ちるものです。

ただし、国民生活センターなどからの通知ではアートメイクの分類はタトゥーとされており、施術は医師の資格を持ったものに限られています。最近では無認可でアートメイクを施し検挙される事案が多発しているようですので、アートメイクを施してもらう際にはきちんとした資格を確認できる店で行いましょう。

関連サイト⇒SHIRONO LASER CLINIC